下図を見ていただきたい。シンプルなただの四角に見えるこの形が人生の基本中の基本を表しています。

Sは損を、Tは得を表している。
SSは自分も損、相手も損を表し、世の中はすべての人に損になるようにできていることを示しています。
TSは自分にとって得、相手にとって損を表し、人間は普通まず自分の得を考えてしまうことを示しています。
STは自分よりも相手の得を考えてみようという意識改革を示しています。
TTは最後には自分にとっても相手にとっても得になるような知恵と行動ができるようになろうということが示されています。

このそんそん、とくそん、そんとく、とくとくは起・承・転・結という物語で構成されていて、人間はこの物語がしっかり作れるようになることで成長するということをこの偉大なる地図HImapは導いているのです。

世の中はすべて退化する仕組になっています。部屋を放っておいたら汚れたという話は聞きますが、放っておいたらいつの間にか綺麗になっていたという話は聞きません。ライフサイクルの話でもしたようにすべてのものが退化するという仕組に世の中になっているのだということを受け入れなければいけません。

しかし、それはけっして悪いことではないのです。普段嫌なことに気が付くといくことは良くないことのように感じてしまう人が多いと思いますがそうではありません。特にビジネスに関していえば、社会の人が感じている不満や不便を探してそれを楽しみや便利に変えることがビジネスチャンスなのです。
だから人にとって損を見つけられることはチャンスの発見であり、それを「とくとく」に変換できる力こそが、必要とされる自分でありヒューマンスキルの確立なのです。

ようは負の発見をし正への変換が大切だと言うこと。それをもったいなくも自分の不満、ようするに「とくそん」という自分本意に考えてしまっているということです。

まず自分を成長させようと思う第一歩はこの「とくそん」から「そんとく」に、相手の立場になって考えてみるというところから始まるのです。これは好転発想しなければ意味がなく、ただ相手の立場になって考えるだけでは駄目なのです。
この物語を創る行為を繰り返すことによりHIの確立(自分らしさ)が生まれるのだと頭に入れておいて欲しいと思います。

下図を見ていただきたい。三角形の方は従来のマズローの進化論です。
生理的欲求は人間の生き物としての基本的な欲求。安全的欲求は、安心して暮らしたいという欲求。そして社会の一員として認められたいという社会的欲求、自分はこうなのだと世の中に認められたいという尊厳的欲求、そしてより完成した自分を求める自己実現欲求へと高まっていくというものです。

この自己実現欲求の完結には、コミュニティの進化もセットでないと、とマズローは言っていますが、これをHImap的に表現すると下図のようになります。段階的に成長して行くのではなく四つの要素を物語として何回も繰り返しながら自己実現を求めると言うものです。
下図のHImapから分かるように、安全的から社会的に転ずるところで人間は戸惑っていると言えます。

もうひとつ例を紹介しましょう。ある有名な艦長が言った言葉に、人を指導するとは「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、褒めてやらねば、人は動かじ」というものがあります。まったくその通りだと思います。下図を見ていただきたい。HImapにするとこういう形になります。

やってみせ、聞かせ、させて、ほめるを繰り返しながら自分の指導力が上がって行くことが示されています。人を指導するのは人のためであり自分のためだと言うことが良く分かります。これに基本のHImapのそんそん、とくそん、そんとく、とくとくを当てはめて見てください。いろいろなことが分かってくるはずです。

実際この物語を実践している人がどれだけいるでしょうか。まずやってみせられることが無い。だから口で言うだけ。とにかくやらせてケチをつけて褒めもしない、といったことがよく起きているのではないでしょうか。やった覚えは無いがされた覚えは誰にでもあるでしょう。

これは立場の違いによって生まれる現象です。しっかりとやってみせ、言って聞かせてやった時にはきっと相手にとっては得になり、褒めることで一生懸命動いてくれて自分のためにもなる。正しい物語を作ることの重要性と、そしてこの起・承・転・結を繰り返すことが重要で、一回の行為では完結はされません。HIの確立は、この繰り返しを向上のスパイラルと呼びもっとも重要視しています。

この四角の限られた平面は、実は立体的に成長する仕組になっています。八の字に回転しながら向上していく。人間の成長はこの向上のスパイラルする物語をどれだけ持っていて、日々どれだけ取り組むかですべてが決まってくるのです。同じことの繰り返しが成長をもたらすと言っているが、HImap的に物語になっていないとそれは実現しないのです。

朝起きて歯を磨いて、朝ごはんを食べて会社に行き、何も考えずにいつもと同じ仕事をして夕飯を食べお風呂に入って寝る。そんな生活で成長するはずがありません。退化だけです。正しくがんばった1年、そうでない1年。同じ1年の経過でも結果はまったく違ってきます。

考えてはいるんだけど、という人がいますが、思っているだけの人が多いのです。思っているのと考えているのは大きな差があります。時間はどんどん過ぎて行ってしまうのです。



プライバシーポリシー サイトのご利用について